体臭を気にせずに出来るおすすめの仕事

体臭を気にせずに出来るおすすめの仕事について。体臭で悩んでいる人にとって理想の仕事

男性に敬遠されないために気をつけたい食事マナー

   

普段どんなに上品に振舞っていても、ついつい素が出てしまうのが食事の時です。

そして意外と男性が見ているのが、食事の時のマナーです。
男性に敬遠されないために気をつけたいことは何でしょうか?

足元までキレイを心がけて

テーブル席の時に気をつけたいのが、脚の位置です。

普段はつい組んでしまうという人も、初デートでは少し控えてください。
ヒザからしたはぴったりとくっつけて、席を立つまで離さないように意識してください。
それだけでも上品に見られるものです。

座敷のお店の場合には靴を脱ぐことになりますので、夏場で素足にサンダルでデートをしている時にも万一のためにパンプス用のソックスなどを携帯しておくと安心です。
素足は見た目にもあまり良くありませんし、座敷に上がる時にさっと履いておくと女性らしい気配りが出来る所を演出できます。

料理の注文はおまかせで

おなかが空いていると、うっかり自分から先にメニューを決めてしまいがちです。
もし相手の男性が自分にメニュー表を差し出してきても、まず先に決めてもらいましょう。

男性の行きつけの店の場合には、おすすめを注文してもらうのも良いですね。
自分が美味しいと思っているものに共感してもらえることで男性は嬉しくなりますので、相手に合わすことは重要です。

女子アピールは控えめに

居酒屋のような一品をシェアして食べる料理を注文した時、ここで女子アピールしなきゃと意気込んでしまいます。
取り分けたくもなりますが、二人きりでデートの時には取り分けるよりもひとつのお皿から食べるほうが親しくなれて理想的です。

世話を焼いて取り分ける女子が面倒だと感じる人も少なくはありません。
特に焼肉のような料理の場合、自分のペースで焼いて食べたいという人もいます。

女子アピールを止めることで、飾らない女の子なんだなと思われるようにもなります。
ただサラダのような取り分けたほうが良いメニューの場合には、「取り分けてもいいかな?」と一言聞いてから行いましょう。

何も聞かずにさっさと取り分ける女性は、男性にとっては可愛い彼女ではなくてお母さんになってしまいますよ。

お会計の時には一歩下がって待つ

男性が支払ってくれることが分かっている場合には、お会計の時に一歩下がって待ちましょう。
支払う手元を見ないようにするのはマナーです。

目上の人に支払ってもらう時はお店の外で待つこともありますが、デートの相手の場合には外で待つよりも一緒にお店を出るほうが良いですね。

お会計が終ってお店を出てから「ごちそうさまでした」という言葉と、「すごく美味しかった」「おなかいっぱいになった」というような一言を付け加えるのが理想的です。

一緒に食事を楽しめたというアピールが出来れば、次のデートのチャンスも広がります。

 - テクニック